2013年10月28日

発電量が桁違い ~未来の発電"レーザー核

今日は 自然エネルギーとは異なる注目すべきエネルギー の紹介です. 地球にたくさんある 水素(※)を元に膨大なエネルギーを作り出す技術 . 名前は レーザー核融合. 原子力とは異なり、放射能も極めて微量でクリーンとのこと. 自然エネルギー発電と比べてエネルギー生産量は桁違い. 実現にはまだ時間が掛かりそうですが最近再注目されているようです. 特に国家レベルで力を入れているのが アメリカ . 米政府は約4000億円を投じてレーザー核融合施設 「国立点火施設(NIF)」 を建設しています. 引用: YouTube 引用: Mail Online まだレーザー核融合の成功例はないようですが来年の2012年にNIFで" 点火 "する計画とのこと. 成功するか楽しみです. この レーザー核融合 についてわかりやすく解説してくれているのが以下のページ ■レーザー核融合って何? 核融合の原理 太陽をはじめとして、宇宙で輝いている恒星のエネルギーは未来のエネルギー源といわれる核融合によって供給されています. 2つの原子核が十分近づくと、原子核の間に働く引力(核力)が静電的な反発力(クーロン力)に打ち勝って1つに融合し、新しい原子核が生まれます. これを核融合反応と呼びます. 重水素(D)や三重水素(T)のような軽い元素は比較的容易に核融合反応が起こります. この場合には、核融合反応によってヘリウムと中性子ができ、全質量がわずかに減少します. この減少した質量に相当する17.6メガ電子ボルトのエネルギーが重水素-三重水素核融合反応に伴なって発生します(E=Δmc^2). 引用: 大阪大学レーザーエネルギー学研究センター わかりずらかったらすみません. すごくザックリ言うと、 "原子が軽くなった時に膨大なエネルギーが発生する" のです. この レーザー核融合 . 日本企業も注目しているようです. ■阪大・浜ホト・トヨタが挑む「夢の発電設備」 レーザー核融合 遠い将来をにらんだ「夢の発電設備」として「レーザー核融合」の研究も進められている. 核融合と言っても、原子力ではなく、光を増幅させて強力なレーザー光線を作り、そこで生じるエネルギーを取り出す発電技術だ. 核分裂反応を利用する原発よりも安全性が圧倒的に高いとされ、米国のオバマ政権も力を入れている. この分野では日本も負けていない. 実は浜松ホトニクス、トヨタ自動車、大阪大学などが次世代技術の開発を急いでいる . これは、重水素などで構成する燃料に強力なレーザーを照射して一気に圧縮させ、原子核同士が融合する際に発生するエネルギーを取り出す. 技術的に説明するのは難しいが、 簡単に言えば、太陽のエネルギーと同じ仕組みだ. それゆえ、「地上に太陽を」を合言葉に、人類未踏のエネルギーの獲得に向け、世界のレーザー研究者たちが研究に取り組んでいる. 引用: 日経新聞 ここで出てきました" 浜松ホトニクス ". 地下天文台「スーパーカミオカンデ」の光電子増倍管を作った会社で有名です . この浜松ホトニクスはレーザーなど光分野の技術でも世界でも突出した存在のようでして レーザー核融合の光源になる半導体レーザーを独自開発しているようです. 頼もしい限りです. アメリカに負けていられませんが、 来年2012年のNIFでの実験が成功すれば、実用化への動きがいっそう加速すると思います. エネルギー問題が心配ですからできるだけ早く実用化されるように応援しています. なんせ実現できれば、非効率的な自然エネルギー発電設備のために無駄な国家予算(つまりは私たちの税金)を使わずに済むはずですし. ありがとうございます. ※重水素(D)や三重水素(T)が用いられる.
posted by FukanoShinori at 07:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。