2016年01月09日

アーチェリー女子団体、日本が銅メ日置子ダル 初

サッカーのドイツ1部リーグで、ドルトムントのFW香川真司が30日、本拠であったシュツットガルト戦で今季リーグ戦通算12点目となるゴールを決め、欧州主要1部リーグでの日本選手最多得点を更新した. 香川は25日の試合で、2006~07年シーズンに当時ドイツ1部・フランクフルトに所属していた高原直泰(現清水)が記録した11得点に並んでいた. 先発した香川は前半33分に先制となるゴールを決め、後半36分に交代. 試合は4―4で引き分けた. (木村健一). ロンドン五輪第3日の29日、アーチェリーの女子団体決勝トーナメントがあり、日本は3位決定戦でロシアを破って銅メダルを獲得した. アーチェリーで日本の女子がメダルを獲得するのは個人、団体を通じて初めて. 蟹江美貴(ミキハウス)、川中香緒里(近大)、早川漣(長崎・佐世保商高職)の3人で臨んだ日本はウクライナ、メキシコを破った後、準決勝で五輪6連覇中の韓国に敗れて3位決定戦へ. 前半はリードを奪われたものの、終盤に追いつき、最後の24射目に早川が10点満点を射抜いて2点差でロシアを下した. 2日、ヤクルト1―0中日) プロ7年目、ヤクルトの村中が大きく羽ばたこうとしている. 2戦連続の完封勝ちで、23イニング続けて1点も与えていない. 8月に2軍落ちしてから投球フォームを改善し、体重移動がスムーズに. 「自分の修正点を見つけられたのが一番良かった」. その通り、この夜の序盤は直球がばらついたというが、4回からは修正. 9回、自らの代打に立った福地がサヨナラ打で応えてくれた.
posted by FukanoShinori at 16:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください